2018年2月14日水曜日

アスリート

ピョンチャンオリンピック、盛り上がってますね!

今日は、怪我を克服したスノーボード平野歩夢選手の様子が放送されてました。


そこで、スピードスケート金メダル選手、清水宏保さんのコメントが、まさにフィーリングボディと思ったのでお伝えしますね。



『アスリートの中で、ケガをした選手は成長するとよく言います。それは、どうして出来ないのか?と、体に向き合うようになる。体を知ることは、体を調整できることに繋がるからです。』



『1ミリでも前へ』

一流選手に訪れるスランプやケガ。

それを乗り越えていく姿は、後に続いていく選手たちへの見本にもなります。





この時期、フィギアスケート羽生選手のCMもよく流れていますね。


「毎日同じ動きを確認し、繰り返し練習する。

不要なものを削ぎ落としていく作業。

無駄のない動きは、美しい」

 



楽器のパフォーマンス向上も同じことが言えると思います。








アウトプット⭐︎インプット

この春までは、レッスンやコンサートなどアウトプットする場が続き、インプットしてきたことを反復することになるので、いろんな意味での発見が続きました。 春からは楽器に限らず、自分がレッスンを受けるということも再開しました⭐︎ 5月は、横浜でレッスンされている「石井ゆり...