2015年10月13日火曜日

重力

今日は、ゴーストライター佐村河内さんのコンサートでご一緒させていただいた指揮者の方とお仕事でした。


あの頃は、記者会見などテレビをよく見ていましたが、今はテレビ新聞も見ないというマイブーム実験中です(変人!)


でも興味のあるニュースは自然と耳に入ってくるもんだと思います。


”ニュートリノ”という物質に重量があることを発見し、ノーベル賞受賞されたとか。



この前、東京のスタジオでは、それを受けて「重力」が話題でした。






↑先月行ったシベリウスのお家の庭、リンゴの木




例えば、打楽器奏者へのレッスンの様子



「打楽器奏者も全ての演奏家も指揮者も、立ってることでさえ、重力を味方にするということ。」




「自然に起こることを受け入れる。

自分の体を信用すること。」




すると、バチが自然に落ちる力に助けてもらって・・・

体の不必要な力が取れて・・・




「音」が響き出します。







「音楽の緩急も重力が関係しています。

落ち葉が美しく舞うのも重力のおかげ。」








↑シベリウスの作品にインスピレーションを与えたであろうアイノラ周辺の風景








ブログでここだけ抜粋して書いても「???」ですよね。




でもスタジオでは、真剣にこんな話も飛び交っていて



実際に音が変わるので


聞いてるだけで楽しいです。



きっと資格を取る頃にはレッスンでお伝えできるよう精進しておきます(^-^)




0 件のコメント:

コメントを投稿

アウトプット⭐︎インプット

この春までは、レッスンやコンサートなどアウトプットする場が続き、インプットしてきたことを反復することになるので、いろんな意味での発見が続きました。 春からは楽器に限らず、自分がレッスンを受けるということも再開しました⭐︎ 5月は、横浜でレッスンされている「石井ゆり...