2017年7月21日金曜日

ファゴットフェスティバル

クリニック、ついに明日になりました。

お伝えしたいことは山ほどありますが、本当の意味での体の使い方を知っていただける小さな入り口になれたらと思います。どうぞよろしくお願いいたします♪




~私が学ぶことを応援してくれた様々な個性を持った先生方をどのように説明できよう。よい教えはテクニークに結び付けられるものではなく、教師の誠実さ、伝える科目や相手との関係性、それらが引き起こす化学反応から生まれる。
ある生徒を退屈させるアプローチは、別の生徒の人生を変える。
よい教えとは寛大さの行為、練習で上達する技術、そしていつもリスクを伴うお仕事。~「ミステリーを生きるということ」より抜粋








*追記*

体の使い方クリニックinファゴットフェスティバル
おかげさまで無事に終わりました。

愛媛から東京から九州から、たくさんのファゴット奏者が集まるお祭り。


参加させていただいて1番感じた幸せは、色んな演奏家の方々とお会いできたことです。


世話人の先生方をはじめ、関わってくださった方々、本当に有難うございました。感謝。





同じ奈良県在住でファゴット吹きの、同姓同名の「吉田文子さん」と今回の打ち上げでご一緒できたことも有り難く思います。


すごいご縁ですよね。




不思議なご縁はまだ次も続きます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

アウトプット⭐︎インプット

この春までは、レッスンやコンサートなどアウトプットする場が続き、インプットしてきたことを反復することになるので、いろんな意味での発見が続きました。 春からは楽器に限らず、自分がレッスンを受けるということも再開しました⭐︎ 5月は、横浜でレッスンされている「石井ゆり...